栄養たっぷりなあぐー豚

あぐー豚と栄養について

沖縄に行くと様々なグルメを楽しむことができますが、美容にも良い食材としてオススメなのが「あぐー豚」です。
あぐー豚とは沖縄固有の頭数が少なく希少な豚で、約600年前頃から中国から導入されて沖縄で飼い続けられていた小型の島豚が由来の豚だとされています。
肉質は柔らかく臭みが少ない上、赤身の部分が少なく脂肪分が多いのが特徴です。脂肪分は多いですが外来種と比べてコレステロール値が少なく、うま味成分であるグルタミン酸などのアミノ酸が多いというのも美味しさのポイントになっています。
あぐー豚は飼育環境や育てるための肥料にもこだわっており、沖縄の自然の中でのびのびと健やかに育てられ健康で美味しい豚肉になります。

美容にも良いあぐー豚

あぐー豚は様々な栄養素を含んでいますが、外来種に比べてコレステロール値が4分の1と低いのが魅力ですが、それ以外にも美容や健康に良い栄養素が豊富に含まれています。
特に注目したいのがアミノ酸で、あるカルノシンを多く含んでいるということです。独特の旨味や甘味、コクの元になるアミノ酸ですが、カルノシンには疲労を回復したり、運動能力を向上させる効果、アンチエイジングなどの様々な作用を期待することができます。
また、ビタミンB1も豊富なため糖質をエネルギーに変換するのをサポートしたり、疲労を回復したりする効果が得られます。
タンパク質も豊富なため、疲労回復やアンチエイジングには最適な豚肉と言えます。
沖縄に行くことで食べることができますが、近年では通販で手に入れることも可能です。