やっぱり海ブドウ

海ブドウとは一体何か?

東京など本州のスーパーマーケットでは基本的にみかけることのない「海ブドウ」は、沖縄を代表するヘルシーな食べ物として大変有名です。この海ブドウは決して果物ではなく海藻の一種で、正式名は「クビレズタ(括れ蔦)」といいます。色的には鮮やかな緑というより抹茶色系のくすんだ緑色をしており、ブドウ畑で収穫される果物のブドウの房のような形状をしているのが愛称(通称)の由来です。日本では人々の健康志向が高まる中、沖縄に行った時にこの海ブドウを食べる人が増えていて、ブチブチとした独特な食感も人気の秘訣になっています。栄養素の特徴としては、まず海藻のため食物繊維が豊富です。また、鉄分・カリウム・カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれている点も特徴と言えます。

どんな食べ方をされているか?

海ブドウが沖縄にてどのように食べられているかというと、低価格な1皿料理の定番となっていて、ソースをかけたりすることなくそのまま提供される傾向です。そして、提供された客はそのまま食べるか添えられている三杯酢などに漬けて食べる形が中心となっています。ただ、別の料理も存在し、揚げ物でいえば居酒屋などで提供されている海ブドウのてんぷらや唐揚げも人気です。主食になるご飯関連で言うと、丼ぶりに海ブドウのほかウニやイクラが乗った海ブドウ丼がメインメニューにしている家庭料理店も存在しています。その他、ヘルシーな副食メニューでいうと、海ブドウを含む海鮮系のサラダ、海ブドウと魚の肉を合わせたカルパッチョなども女性層に人気です。